説教

チャットをしてたら、ある女性がこんな話をしていた。

「つきあってくれと言われて、断ったら、その人ったら
なんかいろいろ説教してくるの」

こういうの、男ではありがちだ。
自分がふられたことの悔しさが、
相手への微妙な攻撃感情となって、
説教へとつながっていく。
つまり、敗北を認めたくない男の心理だろう。

しかしまあ、ふられた男がふった女に対して
とうとうと述べる説教ほど
説得力のないものはない。

「キミの生き方は~」
「そういうキミの考え方は~」
「だからキミはダメなんだ」
「そんなんじゃきっと失敗するよ」

( ・ω・)ボロロン。
みっともいいもんじゃないね。
女性の側としては、
お前に言われたくないよってところだろう。

こういう説教に近い感情として、
以下のようなものもある。

男「キミのことが好きだ」
女「…私は異性としてあなたのことを感じられないわ…。
友達ならいいけど…」

ここで男の態度は豹変する。

男「ふん。オレだってほんとはキミのこと
なんか好きじゃないぜ。つい口が滑っただけだ。
いや、好きどころか、むしろキミなんか嫌いだ」

( ・ω・)ボロロン。
[PR]

by kitix | 2006-01-30 23:15

<< 「出会い系サイト」スパムの「や...    東京の雪 >>